本文へスキップ

卓球好きの仲間が集まり、横須賀で活動するSSC卓球同好会

プロフィールprofile

SSC卓球同好会は、卓球を通じて、余暇の善用と会員相互の親睦と卓球技術の向上を目的としています。

役員組織

役 職 人数 備 考
代表者 1名 諸活動を統括
事務局 2名 男女各1名によって構成し、代表者の補佐
 会計担当  1名  会計の管理と収支の報告
練習責任者 若干名 技術指導・練習内容・練習時間の管理

SSC同好会規約(抜粋)

第1条 名称およびチームカラー
 本会は、SSC卓球同好会(以下「SSC」という。)と称する。(SSCとは、スピン、スピード、コントロールを意味し、それらを自在に操れるよう努力するものの集う同好会にしたいと願いを込めている。)
 本会のチームカラーはオレンジを基調とする。

第2条 所在
 本会は、本会の代表者の住所を所在地として活動する。

第3条 目的
 本会は、大衆スポーツのひとつである卓球を通じて、余暇の善用と会員相互の親睦と卓球技術の向上を目的とする。

第4条 会員組織
 本会員は、次をもって組織する。
 1.横須賀・三浦市およびその他周辺居住者
 2.高校生以上
 3.卓球経験者(1年以上)

第5条 役員組織
 本会は、次の役員を置く。代表者は本会の諸活動を統括し、事務局は代表者を補佐し、代表者が事故あるときは、代表者の代理として任務を遂行する。
 1.代表者    1名
 2.事務局    2名(男女各1名によって構成する)
 3.会計担当   1名
 4.練習責任者  若干名(代表者が認めた者のみ)

第9条 会計
 本会の収入は、次のとおりとする。
 1.本会の入会金、年会費
 2.その他の収入
 3.入会金、年会費は、次のとおりとする。
  (1)入会金 共通 2,000円
    ※入会金(主に協会登録料、次年度より、実費とする。)
  (2)月会費 一般 1,000円 学生(高校生以上) 500円
    ※月会費(ボール代、通信代、その他雑貨、ユニホーム・懇親会積立等)
 4.会費は6か月前納込とする。
 5.会費は3月末日に4月分から9月分まで、9月末日に10月分から翌年3月分までを徴収する。
 6.新規入会者の月会費の徴収は上期入会については、
   入会月から9月分まで、下期入会については、入会月から翌年3月分までとする。
 7.本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終了とする。
   会計年度の終了時には、事務局が会計監査を行い、定期総会において会計担当役員が会計報告を行う。
 8.その他、会費を6か月間未納の会員は、自然大会とする。

第11条 加入
 本会の加入は、次のとおりとする。
 1.本会は、毎年4月に希望者のみ自己負担でスポーツ傷害保険に一括して加入する。
   なお、スポーツ保険に加入しない会員については、事故および怪我については自己負担とする。
 2.本会は、横須賀市に在住する会員は横須賀卓球協会に加入するものとする。
 3.本会は、神奈川卓球協会への加入は本会員の任意とする。

第12条 見学者および体験入会者への対応
 見学者および体験入会者(以下「ビジター」という。)の受け入れに当たっては次のとおりとする。
 1.SSC代表者および練習責任者の認めた者
 2.練習責任者は、当日の練習者にビジターの氏名や参加目的などを紹介すること。
 3.ビジターの練習参加料金は1回1000円(学生500円)とする。
 4.月3回以上の参加がある場合には、本会に入会するものとする。

第13条 外部実力者の参加
 本会への外部実力上位者(以下「ゲストコーチ」という。)参加は次のとおりとする。
 1.目的
 (1)本会員の卓球技術の向上を図り、本会活動でのより質の高い満足感を味わう。
 (2)本会員の本会活動への意欲を高める。
 (3)練習責任者の指導技術の向上に生かす。
 2.取扱い
 (1)SSC代表および練習責任者の認めた者
 (2)練習責任者とゲストコーチと意思の疎通を十分に行い、
    指導方法等で本会員の混乱を招かないようにする。
 (3)練習は練習責任者が中心になって行い、ゲストコーチは練習責任者に協力して、
    本会員を指導してもらう。
 (4)謝礼等については、役員と連携を図るとともに予めゲストコーチと確認する。

第14条 附則
 平成25年3月1日に制定された本規約は、平成25年3月1日をもって施行する。

SSC同好会 練習心得

1.練習者の遵守事項
・練習への定期的な参加を心がけ、理由なく長期にわたって練習は休まない。
・各自が目的を持ち、自主性をもって練習に参加する練習
・練習前の台出しや練習後の片付けなどに協力する。
・練習を早退する場合、練習責任者に必ず声を掛けて退出する。
・当日の体操や練習の進め方などについては、練習責任者の指示に従う。
・練習は一方的に自分だけの練習を行わずに、お互いに尊重し合って双方の卓球技術の向上に努める。
・練習参加者が多い場合は、1台4人によるクロス打ち練習を基本にして行う。

2.責任者の役割
・代表者は同好会の運営および同好会会員が満足できるような環境作りに努める。
・練習責任者は代表者が認めた者とし、練習責任者が参加できない場合は、代表者が練習責任者となる。
・練習責任者は当日の練習内容を考慮の上、練習の時間管理や声出し、怪我がないように行う。

3.標準的な練習時間
 14:55〜15:00 台出し
 15:00〜15:05 体操
 15:05〜15:15 素振り
 15:15〜16:15 基本練習、前後左右のフットワーク、切り返しなど
 16:15〜16:20 休憩
 16:20〜17:50 自由練習(システム・多球練習、ゲーム練習など)
 17:50〜18:00 片付け、連絡など

4.標準的な練習内容
(1)基本練習
 5分間を基本に練習相手を変えて行う。この際、原則として練習責任者および実力上位者はできるだけ卓球台(体育館の片側)に固定して練習相手を納め、レベルに応じて30回、50回、100回といった連続ラリーとか卓球台から離れてのドライブロングで10回以上続けるとか、目標を決めて行う。

(2)自由練習
 各自の練習プランに基づき時間を自由に使用して、3球目攻撃などのパターン練習、練習責任者による多球練習、シングルスやダブルスの試合練習などを行う。
 自由練習において練習参加者が多い場合は、できるだけ全員が卓球台で練習できるようにダブルス練習や1台4人によるクロス打ち練習を行うなどして各人が配慮する。
                                                 以 上

SSC卓球同好会

代表者 石渡

TEL : 090-1848-4374

mail : ssc-club@ab.auone-net.jp

  • SSC卓球同好会 ― 神奈川県横須賀市で活動中の卓球クラブ
  • はてなブックマークに追加


inserted by FC2 system